top of page
  • 執筆者の写真MysaHouse

ノー断熱の電気代

今日はノー断熱住宅の電気代を公開します。

青色が2021年1月

赤色が2022年1月の電気代です。


昨年と比べて、寒いので電気代が上がるのは仕方ないのでしょうか?

燃料費調整額にも着目してみましょう。

実はこの燃料費調整額、昨年の10月分から徐々に上がっています。

昨年12月分まで1kWh=79銭だったのが、1月には1kWh=1円20銭、2月は2円3銭だそうです。

石油価格も高騰していますが、ノー断熱の家だと、エアコンだけでは寒くて石油ストーブを使っているご家庭も多いのではないでしょうか?

電気代+石油代とお財布がイタイ話ですね。


次にノー断熱住宅のCO2排出量を見てみると(二酸化炭素排出量は電気の排出係数×電気使用量から算出しているそうです)

どちらも500キロ超えています。

二酸化炭素排出量と言われてもピンとこないと思いますが、

当ブログでは、CO2排出量1キロを「4人家族が使用する水道約5日分」という置き換え方法を採用してみます。

500キロは2500日、約7年近い水道を1ヶ月で使っているという感じですね(>_<)

これはちょっとゾッとします。


ノー断熱の家は、お財布に優しくない。身体にも優しくない。地球にも優しくない。

3Y(優しく)N(無い!)でとっても悲しいです。

これでは脱炭素社会の実現は難しい状況。( ;∀;)


住宅の省エネ改修には、こどもみらい住宅支援事業が利用できますので、

この際、ノー断熱住宅から脱出または解放されたい方は、断熱リフォームのご相談承っております。

ご連絡はお気軽にお問い合わせフォームorメールアドレスからどうぞ。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

令和5年度スマート・ライフスタイル普及促進事業補助金

滋賀県内で戸建て住宅にお住いの方で太陽光パネルが設置されていない方必見です。 今、太陽光発電システムの導入や断熱改修をすると、 断熱改修で最大120万円の補助金がでます! 補助の対象設備は、太陽光発電システム、蓄電池、高効率給湯器、断熱改修(壁・窓等、窓のみ)、太陽熱利用システム、 V2H、高効率空調設備、高機能換気設備、高効率照明機器 となっています。 ※個人用既存住宅が対象です。 この補助金を

Comments


bottom of page