top of page
  • 執筆者の写真MysaHouse

トイレのクロス

今日は、私事ですがトイレのクロスを変更しました。というお話です。


↓Before↓

建築当時の諸事情で、トイレのクロスを和紙のクロスにしたのですが、これがまぁ失敗しました。

和紙のクロスはマスキングテープでさえ剥がすとうっすら毛羽立ちます。毛羽立ちはそのうち目立たなくはなりますが、一番の問題は、汚れた時のお掃除!

汚れが付いたらどうやって落とすの?落ちません。泣

汚れも付いたまま、ホコリはとれどがっつり水拭きなどできないので、臭いも吸着されたまま。泣

ある日、壁にシミが出来ているのを見付けて、あー!もう!クロス替える!となりました。


和紙のクロスからビニールクロスに変更するという考えはなく、

とにかく掃除をしたかったので、弊社の社長に相談してパネルを張ることに。

クロスの上から張る方法もありますが、私的には「臭い物に蓋をしても臭いまま」という考えで、パネルを張る部分のクロスを剥がしてもらうことにしました。

(クロスを剥がすとなると剥がし賃がかかります)

クロスをしっかり張ってくれていたようで、剥がすのが大変だったようです。


話が少し逸れますが、

安易にクロスの張替えは何度でもできると思っていませんか?

↑写真を見てもらうと分かるかもしれませんが、

ビニールクロスの場合は、表面がビニールで接着面に紙が付いていています。その紙を剥がすのが大変な作業です。なので、大体が前回の紙がちらほら残った状態で上から張られるので、何度もクロスを張り替えると、表面が凸凹になります。凸凹が気にならない方はそのままで良いですが、今度凸凹を直したいとなると、まるっと石膏ボードまで変更しないといけないのです。凸凹が気になりだすのは、3回ぐらいでしょうか?


↓After↓

話を戻しまして、パネルはメラミン化粧板を張りました。キッチンパネルなどに使われる素材です。

少々お値段も高いですが、これまでの掃除できないストレスを考えると良い選択でした。

これまでグレーの和紙だったので、白いパネルにして空間も明るくなりましたよ。

少し失敗したかな?と思うのは、3cm角の見本帳で選んでいたので、張り終わってから、あら?このパネル柄があったのね。と気づいたことです。汗

多分、あるあるだと思いますが、小さい見本帳から全体を想像するのは大変です。出来上がってからアレ?と気づくこともあります。

サンプルを貰える場合があるので、アレ?となる前に「この見本もらえませんか?」とお尋ねください。


このブログを書く時に和紙クロスについて少しだけ調べましたが、和紙クロスは水回りには向かないとのこと。冷静に考えれば分かると思うのですが、当時の私は建築士の提案に「あぁ良いですよ」という感じでした。

家づくりは考えることが多いですし、住んでみてからでないと気づかないこともあります。

こういった失敗談も参考にしながらお家づくり頑張ってください!



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

令和5年度スマート・ライフスタイル普及促進事業補助金

滋賀県内で戸建て住宅にお住いの方で太陽光パネルが設置されていない方必見です。 今、太陽光発電システムの導入や断熱改修をすると、 断熱改修で最大120万円の補助金がでます! 補助の対象設備は、太陽光発電システム、蓄電池、高効率給湯器、断熱改修(壁・窓等、窓のみ)、太陽熱利用システム、 V2H、高効率空調設備、高機能換気設備、高効率照明機器 となっています。 ※個人用既存住宅が対象です。 この補助金を

Commentaires


bottom of page